cafe kuuを侵略!

鹿児島ご飯巡り cafe kuu行ってきたよ! 【あんのん、うしみ声ありver】

 

あんのん………鹿児島をPRしたいという気持ちにあふれた女の子。ひとりではなにかと寂しいので、とある牧場で知り合った『うしみ』と写真部を結成。鹿児島のPRに乗り出す。生粋の肉好きであり、うしみを誘ったのは非常食ではないかと周囲には囁かれているが、本人はそれとなく否定している。見た目のわりにクールビューティな喋り方をする。 イラストレーター 公〜hamu

 

 

 

 

 

うしみ…………あやうく食用牛にされるところを、あんのんと出会い、鹿児島のPRに付き合うことに。助けてもらったあんのんに感謝しているものの、時折食べられそうになるのではないかという恐怖感と闘っている。しかし「人生は闘いである」というモットーを持っているので、今日もたくましく生きている。ふんわりとした喋り方でやや天然。しかし自身の身に危険が及ぶことには非常に敏感なセンサーの持ち主。

イラストレーター コッシー

 

「さ、ついたわよ。うしみ」

 

「あんのんちゃん、ここはなんのお店なの?」

 

「カフェ『クー』っていって、日替わりランチがおいしいカフェよ」

 

「へー!そうなんだ!」

 

「おいしい肉を使ったキーマカレーがあるみたい。ぜったい食べなきゃ」

 

「わたしはこの間まで雑草ばかり食べてたからなんでもおいしい」

 

「もっとたくさん食べていいお肉になるのよ、うしみ」

 

「え、え?」

「隠れ家な感じいいわね、ここ」

 

「オシャレな店内だねー!」

 

「シンプルにまとまっていい感じ。気に入ったわ。ところで早くお肉を」

 

「あんのんちゃん、まずは雰囲気を楽しもうよ」

 

「もしお肉がなかったら、とりあえずうしみ、あなた厨房に行ってきなさい」

 

「え、え?厨房行って、お手伝いするってことだよね?」

 

「ある意味そうね」

「わぁ~!おいしそうなカレー!ちゃんと材料あってよかったね、あんのんちゃん」

 

「そうね。なかなかおいしそう。上品なスパイスの香りもしてくるわ」

 

「サラダもついてて、体にも良さそう!あたしが牧場にいたころはこんなにみずみずしい野菜、なかったよー」

 

「最初会った時、あなたハエごと干し草食べていたわよね」

 

「それはいわないでー!イメージ悪くなるから~!」

「これまたおいしそうなワッフルがきたわ」

 

「アイスも乗ってるし、最高だね、あんのんちゃん!」

 

「そうね。きっといい牛乳をつかっているのでしょう。見た目からふんわり感が伝わってくるわ」

 

「そうだよ!牛さんたちも、なにもお肉だけが取り柄じゃないんだよ!いい牛乳だけを出して、生涯をまっとうする牛さんだっているんだよ~」

 

「いい牛乳を出す牛は、お肉もおいしいのよ。そこは理解できるわよね、うしみ」

 

「と、とにかく今は食べようよ!」

「いっぱい食べたわね。お腹いっぱい」

 

「食後の紅茶もおいしいね。ほんのり落ち着くって感じ」

 

「ついこの間まではオタマジャクシが泳いでいた水飲んでたのに、ずいぶん出世したわよね」

 

「オタマジャクシ~?な、なんことかな~。音符かな?」

 

「ドナドナ~♫」

 

「不吉な歌を歌わないで~!」

 

「いいお店だったわ。またいきたいわね」

 

「落ち着いた雰囲気で、ゆっくりできるお店だったね!ご飯もおいしいし」

 

「なによりオシャレよね。そしてそれを押し付けてこないところもオシャレ」

 

「オシャレって、無理をしないことを言うんだね!勉強になったよ!」

 

「そうそう。うしみもこれからもっと、人間界のことを学んでいかなきゃね」

 

「うん!勉強する」

 

「そして、いいお肉になるのよ」

 

「うん!って、えー!?」

こうして、「あんのん」と「うしみ」の鹿児島PRの道のりがスタートした。

果たして、彼女たちが鹿児島を支配するときはやってくるのだろうか!

つづく!

 お店の場所はこちらから!

カフェ クー - Google 検索

 

ライター 綾鷹茂吉

コメント

タイトルとURLをコピーしました