短編小説

小説

ところによって、

そういえば明日は雨だという。 車のカーラジオが教えてくれる天気予報が、無意識にハンドルを握っている俺にそう教えてくれる。高度な反射能力で何も考えずに運転している俺にそのラジオは語りかけてくる。 明日は雨でしばらく続くでしょうと。...
小説

マスカットと白いお皿

マスカットと白いお皿はとてもよく合うと思う。 ところでわたしの甘い『昨日』について話そう。 昨日の朝。とてもよく晴れていて少し窓が開いていた。寒すぎず、強すぎない風が心地よく流れてきた。 キレイな2DKのマンション...
小説

哀れな勇者

たぶん、僕らはこのまま終わりなんだろう。頼れる回復役もいないし、頼もしい盾役もいない。 足の速い牽制役も、火力の高い魔道士もいない。 みんな地面に伏せて事切れている。だから僕らはこのまま終わりなんだろう。  今までの旅も、役目...
タイトルとURLをコピーしました