youthful days

ゲーム

youthfuldays(鹿児島観光版)ノベルゲー 

youthful days 間話 荒平天神へ ※制作中のストーリーとは大きく内容は異なります youthful days(test) 原作 綾鷹茂吉 イラスト 朏らぱん シナリオ @(あっと) 音楽 ame 写真提供 どん...
小説

youthful days 彩夏編 第1話

ゆっくりと積み上げていったものが、ある日突然崩れてバラバラになってしまうことがある。 あんなに大切にしていたのに、あんなに大事に扱っていたのに。 ただのほんの少しの不注意であったり、もしくは細心の注意をしていたのにもかか...
小説

youthful days あやね編 第3話  完結

次の日の朝。 出水あやねをそのバス停に送っていき、彼女はここでいいですと言って歩みを止めた。 「この場所が、いちばん時空の干渉がしやすい場所なんです」 平日の午前10時。 僕は学園を抜け出して彼女につ...
小説

youthful days あやね編 第2話

その次の日の放課後。 僕は再び出水あやねのラボに訪れていた。 あいかわらず彼女は、巨大化した自動マスタングを相手に計測を行っていた。 その日、彼女は僕の保健室に来ていなかったのでとりあえずその理由を口実に話を広げることにした。 ...
小説

youthful days あやね編 第1話

部屋のいらないものを片っ端から片付けていっても、どうしても捨てられないものって誰にでもあると思う。 なんの使い道もないし、売ってもお金にならないし、とくにこれといった思い出もあるわけでもない。 だからといって場所を取るわけでもない。...
小説

youthful days 本編 第4話

あらゆる問題や悩みはすべて解決されなければならい、と考える人がいるならば、その人にはなにひとつ問題も悩みも解決することはできないだろう。 なぜならあらゆる問題や悩みは、遠ざけたり隅に追いやったりすべきではなく、ともに生きていくことが大...
小説

youthful days 本編 第3話

保険教諭の仕事には、ここで終わり!というような決まったラインがあるわけではない。 たとえお昼ご飯を食べているときでも、トイレから出てきたときでも、相談や悩みをもちかけられたらいつでも応じなければならない。 そしてそれが、日も暮れてき...
小説

youthful days  本編 第2話

保健室にやってくる生徒のなかにも常連と呼んでもいいような人間がいる。 とりわけ放課後になると、毎回同じような生徒が足を運んでくる。 その女子生徒が来るときはたいてい足音でわかる。 彼女はいかにも世に不満を持ったような足音で、この...
小説

youthful days 本編 第1話

保健室のせんせいの仕事は楽じゃない。 とくに男性の教諭となればなおさらだ。 大抵のひとはどういうわけか、保健室の先生ほど楽な仕事はないと思っているようだが、これが意外や意外。やることは死ぬほどある。 授業で...
タイトルとURLをコピーしました