シンデレラ

小説

シンデレラ 第3話 

「まったく、まいったぜ。迷った」 シンデレラはお城の敷地に入ったはいいものの、広すぎて肝心の舞踏会の会場にまでたどり着くことができませんでした。 シンデレラは『喫煙所』と書かれた木の札のところで、そばにあったベンチに腰掛けて、そ...
小説

シンデレラ 第2話

「おい、弟よ。お姫さまはなにやら婚活中みたいだな。それってば、僕たちにもチャンスがあるってことじゃねぇか?」 「けれどもな、兄者。そのお姫様つうのは、あまり子作りに興味を示さないって噂だぜ。でもそれってつまり」 「そうだぜ、弟よ...
小説

シンデレラ 第1話

むかし、むかしのお話。 とある国にシンデレラという人物がおりました。 良家の生まれで、たいへんお金持ちの家に生まれたシンデレラは両親の突然の死により、一人ぼっちになってしまいました。 しかし両親は、一人っ子のシンデレラのた...
タイトルとURLをコピーしました